HSK-漢語水平考試

HSKとは、「漢語水平考試」の略称で、中国語を母国語としない学習者のための試験で、中国の教育部が認定する唯一の中国国家認定資格試験です。1984年から中国国内でスタート、1991年に日本にて開始しました。HSKは、基礎漢語水平考試、初中等漢語水平考試と高等漢語水平考試からなっていて、受験者が同一の試験問題に取組み、受験者の得点(スコア)をそれぞれの等級に換算し、規定の等級に達すれば、「漢語水平証書(HSK証書)」が授与されます。HSK証書は中国留学へのパスポート、就職する際の中国語能力基準証明として用いられる。
 これから中国に留学もしくは中国現地にて仕事しようとするならば、HSKを受験すべきでしょう。

主催:

中国国家漢語水平考試委員会

試験時期:

5月、10月

試験会場:

全国主要都市

試験内容:

基礎: ヒアリング・文法・読解
初中等: ヒアリング・文法・読解・総合穴埋
高等: ヒアリング、読解、総合表現、作文、口頭試験
マークシートによる解答方式

問合せ先:

HSK日本事務局
TEL.06-6857-3397
http://www.jyda-ie.or.jp/hsk/top.htm


 中国語検定試験

日本において最も受験者の多い中国語実力試験の草分け。長年の実績により経済界からも評価され、一定以上の級を取得すれば就職の武器になるとも言われている。
 自分の実力を測れるとともに、就職、転職のアピールにもなるでしょう。

主催:

日本中国語検定協会

試験時期:

6月・11月・3月(第4日曜日)

試験会場:

全国

試験内容:

リスニング・筆記試験
マークシートによる解答方式のほかに、一部記述式問題

問合せ先:

日本中国語検定協会
TEL.03-5211-5881
http://www.chuken.gr.jp/

 通訳案内士(ガイド)試験

日本国内で外国人相手に通訳案内業に従事するための国家資格です。この試験に合格し、都道府県知事から通訳ガイドの免許を交付されれば、通訳ガイドとしてフリーでも、団体に所属しても働くことができます。

主催:

国際観光振興機構

試験時期:

年一回

試験会場:

全国主要都市

試験内容:

第1次試験: 外国語(中国語)筆記試験(記述式)と
         日本語による筆記試験(マークシート方式)
第2次試験: 通訳案内実務の口述試験

問合せ先:

国際観光振興機構
TEL:03-3216-1903
http://www.jnto.go.jp/info/guide_shiken/