日本語のWindowsでは、中国語の漢字を入力するためのIMEシステムがオプションで備わっています。少し設定を変えるだけですぐに中国語を入力できるようになります。ここでは、簡体字の表示・入力方法を例に説明を行なっています。

* 作業は管理者権限のあるユーザで実行してください。

* お使いのコンピュータの環境により、実際の画面は以下の画面例と異なる場合があります。


    Windows Vistaでの中国語を入力するための設定

1.[スタート]ボタンを押して、[コントロールパネル]を選択します。

2.[コントロールパネル]から[キーボードまたは入力方法の変更]をダブルクリックし、[地域と言語のオプション]を開きます。

3.[地域と言語のオプション]で、上部にある[キーボードと言語]タブをクリックし、[キーボードの変更]ボタンを押します。

4.[テキストサービスと入力言語]の[全般]タブにある[インストールされているサービス]欄で、[追加]ボタンを押します。

5.[入力言語の追加]のリストから[中国語(中国)]→[キーボード]→[中国語(簡体字)-Microsoft PinYin IME]を選択します。選択したら[OK]ボタンを押します。

6.[テキストサービスと入力言語]が再度表示されるので、[インストールされているサービス]欄に「中国語(中国)」が登録されていることを確認します。確認できたら、[OK]ボタンを押します。

7.入力時には、タスクバーのIMEアイコンから、「JP」となっている部分をクリックし、「CH」中国語(中国)を選択します。「JP」を「CH」に切り替えることで中国語の入力ができるようになります。


    Windows XPでの中国語を入力するための設定

1.[スタート]ボタンを押して、[コントロールパネル]を選択します。

2.[コントロールパネル]から[地域と言語のオプション]を開き、[言語]タブをクリックし、[詳細]を押します。

3.[テキストサービスと入力言語]の[インストールされているサービス]欄で、[追加]ボタンを押します。

4.[入力言語]欄で「中国語(中国)」を選択し、[キーボードレイアウト/入力システム]欄で「Chinese (Simplified) - Microsoft Pinyin IME 3.0」を選択します。選択したら[OK]ボタンを押します。

5.[テキストサービスと入力言語]が再度表示されるので、[インストールされているサービス]欄に「中国語(中国)」が登録されていることを確認します。確認できたら、[OK]ボタンを押します。

6.入力時には、タスクバーのIMEアイコンから、「JP」となっている部分をクリックし、「CH」中国語(中国)を選択します。「JP」を「CH」に切り替えることで中国語の入力ができるようになります。


    Windows 2000での中国語を入力するための設定

1.[スタート]ボタンを押して、[コントロールパネル]を選択します。

2.[コントロールパネル]から[地域と言語のオプション]を開き、[システムの言語設定]欄で「簡体字中国語」を選択します。選択したら[OK]ボタンを押します。

3.CD-ROMの挿入などを要求されましたら、指示に従います。処理後、再起動を行ないます。

4.再起動を行ないましたら、再び[スタート]メニュー→[設定]→[コントロールパネル]→[地域のオプション]を開き、[入力ロケール]タブをクリックし、[追加]ボタンを押します。

5.[入力ロケール]欄で「中国語(中国)」を選択し、[キーボードレイアウト/入力システム]欄で「中国語(簡体字) - MS-PinYin98」を選択します。選択したら[OK]ボタンを押します。

6.[キーボードのプロパティ]に戻るので、[インストールされているサービス]欄に「中国語(中国)」が登録されていることを確認します。確認できたら、[OK]ボタンを押します。

7.入力時には、タスクバーのIMEアイコンをクリックし、「微軟拼音輸入法」を選択すると中国語の入力ができるようになります。